Friday, 28 September 2007

Electronics in transportation technology (Updated 2008/01/18)

Electronics in transportation technology

(Takafumi KOSEKI)

Altough there was no official announcement, this lecture shall be held in English for foreign students, except for an invited lecture in Japanese. Foreign students in the school of information science and technology, as well as in the school of engineering are cordially welcome!!

交通エレクトロニクス (大学院講義 古関隆章)

金曜日1限 8:30-10:00 @工学部2号館4246号教室

Friday, 08:30-10:00 @ Room 246, Building No. 2, Engineering

第01回目 10/05 開講:総論
第02回目 10/12 電気鉄道(1): 信号と保安
第03回目 10/19 特別講義(マショレック博士)
第04回目 10/26 電気鉄道(2): 電気車の制御
第05回目 11/02 電気鉄道(3): 超高速鉄道 鉄輪/鉄レールと磁気浮上鉄道
第06回目 11/09 電気鉄道(4): 運転理論・運転計画・運行管理
第07回目 11/16 楊先生特別講義:中国の鉄道システム
11/2出題のレポートの提出日を11/30まで延期しました。
第08回目 11/30 電気鉄道(5):電力供給
第09回目 12/07 西川氏(馬場研)特別講義 ドイツの大学の学生生活と研究環境
第10回目 12/14 電気鉄道(6): 情報通信とサービス向上
第11回目 12/21 電気鉄道(7) エレベータ、特殊鉄道、新交通システム
第12目 01/11 電気自動車とモータの技術
第13回目 01/18 道路交通の制御と情報通信

1/18で正式な講義は終了しました。拙い講義のご聴講ありがとうございました。

オプション講義: (出席義務はありません!)
02/01 東京大学G-COE(セキュアライフエレクトロニクス)の特別講演会(コロキウム)

「電気車の駆動系へのエネルギー供給の未来」


日時:200821日(金曜日)09:15-11:30
場所:東京大学 工学部2号館 
4階 246号教室
講演テーマ: 交通分野における電動機制御技術の最新動向
--電気駆動車の将来技術:
スイスベルン工科大学およびボンバルディア・トランスポーテーション社での電気
車用エネルギー蓄積装置の研究事例
講師:

 
Prof. Andrea Vezzini (スイス ベルン工科大学 下記参照 
             もと交通システム工学
(JR東海)寄付講座客員研究員)
 
Mr. Christian Koebel (ボンバルディア社 駆動技術研究部長)
スケジュール案

09:15 開場
09:15--09:30
講師紹介
09:30-10:15 Prof. Vezzini
講演
10:20-11:00 Mr. Koebel
講演 その後、30分ほど任意の自由議論(適宜 昼食に場を移して)
一部の時間のみでも、気楽にご聴講いただければ幸甚です。


------------
[01] 05 October Open of the lecture: General introduction
[02] 12 October Electric railway (1): Signaling and safety system
[03] 19 October Special lecture by Dr. Maschollek (TU Berlin)
[04] 26 October Electric railway (2): Traction control
The home work to be submitted 07/11/02 has been uploaded!
[05] 02 November Electric railway (3): High speed ground transportation
The home work to be submitted 07/11/16 has been uploaded!
[06] 09 November Electric railway (4): Train scheduling and management
[07] 16 November Prof. Yang's special lecture in Japanese
The final version of Prof. Yang's slides has been uploaded! (11/22)
The deadline of the student report issued on 02nd November has been postponed to 30th November; without any penalties.

[08] 30 November Electric railway (5): Electrification
[09] 07 December Special lecture by Mr. Nishikawa (Baba Lab.) Student life and research environment at a German University
[10] 14 December Electric railway (6): IT service
[11] 21 December Electric railway (7): Elevator, cable cars and new transportation systems
I wish you happy holidays!
The home work to be submitted 08/01/18 has been uploaded!
[12] 11 January Electric automobile and its motor control
[13] 18 January Intelligent transportation systems

The regular lecture was over at 18th January. Thank you for your participation.
Please come to the G-COE-colloquium on the 1st February!!!

[Extention]

G-COE colloquium

Electric Traction in Future
by Prof. A. Vezzini and Mr. Ch. Koebel
02/01 09:15-11:30 @ Room 246

-----------
Files of weekly reports and hand-outs: Click here!

Official textbook:
None

Recommendation: 
  1. 持永芳文「電気鉄道工学」 エース出版 ISBN 3-901175-01-7 C3504
  2. Y. Mochinaga: “Electric railway engineering (written in Japanese) ” ACE publishing Corp. ISBN 3-901175-01-7 C3504

参考文献 Literature:

  1. 家田編「それは足からはじまった モビリティの科学」 技報堂
  2. 「電気工学ハンドブック」オーム社・電気学会
  3. 曽根、小谷、向殿編「図解 電気の百科」オーム社
  4. 曽根「新しい鉄道システム」 オーム社
  5. 丸山弘志ほか(鉄道総研)「電気・電子技術者のための鉄道工学」丸善
  6. 電気学会(電気鉄道における教育調査専門委員会)編「最新鉄道工学」コロナ社
  7. 久保田 「鉄道工学ハンドブック」グランプリ出版
  8. 機械学会「機械工学便覧 交通」
  9. 土木工学協会「土木工学ハンドブック」 技報堂
  10. Joachim Fiedler "Bahnwesen" 4. Auflage, Werner Verlag
  11. 電気学会編「磁気浮上と磁気軸受」コロナ社
  12. 正田他「磁気浮上鉄道の技術」オーム社
  13. 山田他「リニアモータ応用ハンドブック」工業調査会
  14. 電気学会編「電気自動車の最新技術」
  15. 鎌田・藤岡他「自動車プロジェクト開発工学」技報堂
  16. 定期刊行物 Journals:
  17. 電気学会雑誌、産業応用部門誌
  18. 計測と制御
  19. 電気学会 交通・電気鉄道研究会資料、ITS研究会資料
  20. 電気学会 産業応用部門全国大会講演論文集、全国大会講演論文集(特にシンポジウム)
  21. 電気学会技術報告
  22. IEEE Transactions VT, ITS, IAS, IE, PES, ...
  23. Railway Gazette International
  24. Elektrische Bahnen
  25. RRR, 各社技報, 鉄道車両と技術(レールアンドテック社)、各種鉄道協会誌、
  26. web site http://www/rtri.or.jp など
  27. E. Aoki, etal: "A History of Japanese Railways 1972-1999," East Japan Railway Culture Foundation, March 2000, ISBN4-330-67901-9
生協書籍部からの連絡(10/02)
> 下記、教科書・参考書は出版社にて在庫切・重版未定のため、取り寄せできませんでした。
> 工学系研究科 交通エレクトロニクス 電気鉄道工学 エース出版
> 工学系研究科 交通エレクトロニクス 図解 電気の百科 オーム社
> 工学系研究科 交通エレクトロニクス 新しい鉄道システム オーム社
> 工学系研究科 交通エレクトロニクス 電気・電子技術者のための鉄道工学 丸善
> 工学系研究科 交通エレクトロニクス リニアモーター応用のハンドブック 工業調査会
> 工学系研究科 交通エレクトロニクス 電気自動車の最新技術 オーム社


------
授業に関して:
単位は「出席とレポート」
(1) テーマは授業内容と関連のあるキーワード
(2) 自分で調査し考えた内容(分量自由 A4, 3-5枚程度?)
(3) 同一所属研究室からの同一テーマは不可
(4) 具体的テーマ例は後日提示(来年の最初くらい?)

Lecture policy/Examination: weekly and semester reports

Semester report
(1)Subject: from keywords from the lecture;
(2)Original summary by yourself (A4 3-5pages);
(3)No identical subject from a laboratory; and
(4)Examples of possible subjects will be announced afterwards.

No comments: